このページは広告を含む場合があります。

THIRD石垣島 宿泊記

THIRD石垣島宿泊記ホテル宿泊記

THIRD石垣島のオールインクルーシブプランをレビューします。

THIRD石垣島外観

宿泊時期…2022年11月
宿泊人数…2名
宿泊数…1泊
プラン…オールインクルーシブプラン
食事…夕朝食付き

金額…30,020円

THIRD石垣島へのアクセス

石垣空港から車またはバスで約30分。
石垣空港離島ターミナルが目の前にあるので、空港~石垣空港離島ターミナル行きのバスが送迎バスのようなものです(笑)

我が家はタクシーを使いましたが、空港と離島ターミナルは一律料金のようで、タクシー乗り場の看板に2,180円と明記されています。
どこのタクシー会社でも料金に差がないので安心ですね!

ホテルの目の前が離島ターミナルで、市街地もすぐ裏手なので、立地としては最高でした!
離島をめぐるなら拠点ホテルとして最適です。

オールインクルーシブプランが最高!

THIRD石垣島さんぴん茶チーズケーキ
絶品さんぴん茶チーズケーキ

オールインクルーシブってなに?と思われるかもしれません。
ホテル滞在中は飲食やホテル内のリラクゼーション、アクティビティなどがすべて宿泊料金に含まれていて、追加料金がかからないもの…という贅沢なプランのことです。

ただ、THIRD石垣島のオールインクルーシブに関しては、飲食が無料になるだけ。
なので本当のオールインクルーシブを知ってる方には物足りないかもですね。

今回、旅費が節約できたのもオールインクルーシブプランを選んだから。
旅行って意外と食費がかさみません?

その土地ならではの料理が気になって食べたり、お酒を飲んだり…結果的に合計したら●万円超えてた!ってことがよくある我が家。

あと、せっかくだから土地のものを食べようと探しまくって結局決められず、時間が無くなってどこにでもあるチェーン店に入ってみたり(笑)

いくら食べても飲んでもお金を気にしなくていいし、土地のものがホテル内で食べられるので、めちゃくちゃ楽でした!

お食事がオシャレ♪

THIRD石垣島食事内容
近海産マグロのアヒポキとポテトサラダ

すごく印象的だったのが「お食事や飲み物がめっちゃオシャレ」だったこと!
ひとつひとつのメニューがまるでカフェみたいなんです。

しかもうれしいことに「どのメニューも小盛りサイズ」なんです。
色々なものを食べてもらえるように、あえて少な目にしているそう。

おかげさまで気になるものを片っ端から注文できました!
(それでも食べられなかったものも…メニュー豊富すぎ!)

さらに、メニューによってはフルサイズではなく、メインのものだけ選んで注文できるんです!
例えば「石垣牛入りロコモコボウル」の場合は…↓

THIRD石垣島・石垣牛入りロコモコボウル
石垣牛入りロコモコボウル

こんな感じで「ロコモコの上に乗ってる部分だけ」選んで注文できました。
石垣牛のハンバーグと温泉卵だけで、ご飯はありません。本来はこの下にご飯があります。

この辺もゲストのことをよく考えたシステムだなーと思いました。
ホテル側にとってはメニューを分けるのって手間でしかないですもんねー。ありがたや。

THIRD石垣島の食事。八重山そばのカチョエペペ
八重山そばのカチョエペペ

地元の名物、八重山そばはパスタとしてオシャレに楽しめます。
こちらもとても美味しくて、シンプルながらに深い味わい。他のゲストも絶賛しているのを聞きました!

どのお食事も石垣島らしさがあり、とても美味しくて大満足!
本当は食べたいものがまだまだ残っていたのですが、食べきれないくらいメニューが豊富でした。
これはリベンジステイありですね。

自家製 近海産メカジキの粕漬け

お部屋はシンプルで広々

お部屋は白を基調としたシンプルな雰囲気。
眺望なしのダブルルームを選んだので、窓からは隣のビルの壁が見えます。

と言っても隣との距離がそこそこあるので、圧迫感などは意外となくて、覗き込むようにすると普通に海が見えました。

バスタブのないお部屋を選んだので、シャワーブースのみです。
広々としたシャワーで、レインシャワーも完備。シャワーの水圧もめちゃ強め。
とってもキレイで快適でした。

ドライヤーも強力で、毛量多くてロングヘアの私も満足。

大きなデスクがあるので、テレワークも余裕です。
ただ、クローゼットなどは無いので、荷物をデスクに置くことになります…。

トイレがめちゃくちゃ広かった(笑)
写真が下手でわかりにくいですが、多目的トイレかなってくらい広いです。

ルームウェアもかわいい

こちらがルームウェア。上下セパレートタイプです。
南国らしく半袖ハーフパンツです。

着心地はやわらかでとても肌触りがいいですね。このルームウェアでカフェバーや図書室に来ているゲストも。

かなりリラックスして過ごせます。

アメニティもそろってる

個包装の化粧水・乳液・クレンジング・洗顔料があるので、持って来るの忘れちゃった!とか突然のお泊まりで用意してない!って時も安心。

ヘアブラシやカミソリ、コットンセットなど一般的なものもしっかりそろってます。

シャワーブースにはシャンプー・コンディショナー・ボディーソープあり。
ひとり1本のミネラルウォーター(35ウォーター)もあります。

コーヒー、紅茶類は無料です。

スリッパや消臭剤もあります。

記念日サービスがうれしい♪

予約する際に結婚記念日の旅行だと伝えたところ、お部屋の冷蔵庫にフルーツ盛り合わせのサービスが!

南国らしい色鮮やかなフルーツに気分も上がります。
スタッフさんにもお祝いしていただいて、素敵な記念日になりました!

館内どこもかしこもオシャレ

THIRD石垣島ルーフトップバー

ホテル内はどこもかしこもオシャレな空間で、思わず写真を撮りたくなるところばかり。
ルーフトップバーは青い光が幻想的で素敵!

今回は11月のステイだったため、バーは終了していました(10月末まで)
でもお食事はテイクアウトで持ち込むことができるし、ソファやベッドもあるので、ここでゆっくり過ごすこともできます。

晴れてる日は満天の星空を寝ころびながら眺められて最高!

こちらがフロント兼カフェ。

フロントの反対側はライブラリ。
緑のトンネルをくぐりぬけるワクワクがいいね。

ライブラリにはたくさんの本があり、ここで1日過ごしちゃいました。
マンガもあるし、面白そうな本ばかり!時間が足りない…。

ちょっとした隠れ家空間もあるよ。

おすすめはこの畳スペース。我が家みたいにくつろげました~!

ランドリー無料がうれしい

3階にあるランドリーはなんと無料。
洗濯から乾燥までできるので、かさばる洋服の荷物を減らすのに役立ちますね。

特に夏場や暑い日は、汗でよごれちゃった服や海遊びで濡れた服をすぐに洗濯できるのはうれしいですよね。

しかし!無料が嬉しいのはどのゲストも同じ。

4台の洗濯機は争奪戦です。
私は平日利用でゲストが少なかったのですが、深夜以外はけっこう埋まってました。
各階にランドリールームがあればいいんですけど、全部でこの4台なので、空いてたらラッキーくらいに考えておきましょう。

チェックイン開始時間の15時付近や、深夜は空いてますので、どうしてもという場合はその頃を狙ってください。

夜食はテイクアウトしてお部屋で楽しむ

お食事の多くはテイクアウト可能。
お部屋でくつろぎながらいただくこともできます。

注文はカフェでもお部屋でもQRコードからできて楽です。

夜22時30分までオーダーできるので、お部屋での晩酌や夜食もできますよー。

朝食はオープンサンドウィッチと朝カレーで

THIRD石垣島 朝食

朝食はカフェとライブラリでいただけます。
上の写真はライブラリのビュッフェコーナー。

サラダ、アサイーボウル、カレーなどはこちらのビュッフェコーナーに。
オープンサンドウィッチはQRから注文するスタイルです。

ワカモレ × エビ × オーロラソースのオープンサンドウィッチ

朝から素敵な朝食がいただけて、テンション上がりますね。
カレーも、日中に注文できるチキンカレーとは味が違って、こだわりを感じました。

【THIRD石垣島まとめ】

青い海と白いビーチ、そしてオシャレなホテル…。
リゾート気分を味わうならめちゃくちゃおススメなホテルでした。

次も石垣島に行ったら絶対オールインクルーシブプランでステイする!

良かった点

  • ホテル全体がオシャレ
  • オールインクルーシブプランがお安い
  • お食事がオシャレで美味しい
  • ランドリーが無料
  • 立地が神
  • 星空が満喫できる

イマイチだった点

  • お部屋にクローゼットがなく荷物が置きにくい
  • お部屋にゴージャス感はない
  • 駐車場がない
  • ランドリーが争奪戦(無料だから仕方ないけど)
  • 眺望はあまりよくない(交通の立地がいいので仕方がない)

料金はこちらから↓確認できるよ!

タイトルとURLをコピーしました