このページは広告を含む場合があります。

【フロリダ】旅行記3 出発編【WDWカウントダウン2020】

フロリダ ディズニーワールドWDW シンデレラ城フロリダWDW

ついにフロリダへ出発です!しかし…そこには大きな罠が…

いざ出発!

2019年12月27日。いよいよフロリダに出発する日がやってきました!早起きして(朝に弱いのでつらい…)成田空港に向かいます。

今回利用するのはアメリカン航空、日本航空とのコードシェア便です。フロリダ(オーランド空港)までは日本からの直行便はないので、まずはダラスへ行って乗り継ぎです 。

年末年始の出国ラッシュを1日ずらしたためか、成田空港は思いのほか空いていました。普段の平日と混雑率は大差ない感じです。28日になれば一気に混雑するんだろうなぁなどと考えつつ、チェックインを済ませて荷物を預け、搭乗ゲートへ。

機内はそこそこの搭乗率といった感じでしょうか。空席はポツポツとありました。私たちは真ん中の4列席を取りましたが、隣2席は空いているので、誰も来なければ広くゆったり使えるな~♪などと考えていました。

乗客全員の搭乗が完了して、いよいよフライト時間です!飛行機が動き出すこの瞬間が旅行の中で一番ワクワクする瞬間ですよね~!!

……

………?

あれ?引き返した。

機長からのアナウンスによると、給油系統にトラブルが見つかったため点検をするとのことでした 。 機体トラブルはよくありますし、機体にトラブルを抱えたまま飛んでもらっても困るので…しょうがないかなと思って待っていました。

とりあえず機内エンタメで映画を見て待っていようと見ていたのですが…気が付くと一本終わっていました。遅いな!?

映画を1本見終わったころ、再び機内アナウンスが流れました。それによると…

出発までに時間を要したため、スタッフの一部に労働時間の超過が発生することになります。そのためダラスまで飛ぶことができません。ダラスよりも手前で受け入れてもらえる空港を探していますので、乗客の皆様にはそこを経由して目的地まで向かっていただきます。

とのこと。

えええええ…2時間遅延しただけで超過勤務になってしまうような労働管理してるんですかぁ~~!?と思いましたが、仕方がない。きっとパイロットの勤務時間なんだろうなぁ、長時間労働で墜落事故を起こした過去もあるし、パイロットの労働時間には厳しいんだろうな、とまた映画を見て過ごすことに。

さらに三時間経過。

ちょっと!ちょっとさすがにおかしくないですか!?どうなってるんですかー!!

アメリカン航空、欠航する!

結局パイロットの労働時間内にたどり着ける空港はないということで、飛行機は欠航することになりました…。 そりゃ合計5時間も日本でモタモタしていれば、労働時間も超過しますよ…。トラブルに備えて余裕を持ったシフトを組めないんですかね?アメリカ線は長距離路線だから無理なのかなぁ?

この時点までで配られた機内サービスは、クッキーが一つとお水が一本。 さすがに皆ざわざわし始めました。5時間見カンヅメにされていたらお腹も空いてきましたしねぇ。

結局全員飛行機を降りることになり、振替の飛行機の予約をすることになったのですが…これがまた地獄のように長かった!

飛行機欠航後の手続きは地獄のように長い…

一度出国してしまっているので、また再び入国審査を通らなければならず入国審査は長蛇の列。さすがにキレたラッパーのような風貌のアメリカ人?が大声で怒鳴っていました。
怒鳴られた空港職員も、そんなの私たちには関係ないわ~などと言って(英語なのでよくわからなかったけれど)軽くあしらっていました 笑

一度積み込んだ荷物を受け取り、振替の飛行機を予約します。振替の飛行機を予約するには、アメリカン航空のカウンターに並ばなければなりません。私たち以外の一般のお客さんもアメリカン航空のカウンターを使うため、振替用のカウンターと一般客向けのカウンターは分けられていました。

200人以上の乗客が、わずか五つのカウンターに長蛇の列をなしていました… 振替するといっても、その場ですぐに決められる人はほとんどいません。 何度も担当者と時間やルートを確認しながらようやく決めるといった感じなので、一人のお客さんにどれぐらいの時間がかかっているのかわかりません。

運悪く、私達は列の後ろの方へ案内されてしまったため、最後の最後まで列に残って待つことになってしまいました。

結局振替の飛行機を予約するのに5時間以上並びました!

朝9時過ぎの飛行機に乗って、振替が完了したのが夜の9時近くだったのでほぼ半日費やしています。やっとのことでカウンターにたどり着いたころには、足が棒のようになっていました。

私たちもひどい目に合いましたが、添乗員はもっと大変そうでしたね…30人のツアーだと30席空いている振替便を探さなければならないですし。この年末年始の時期で、そんなに空席のある便を探すのは一苦労でしょう。何人か添乗員が同行していましたが、別の会社の人とも「お互い大変ですね」と慰めあっていました。

振替便、決定。個人手配でも手配会社を挟むと超安心という事例

色々なルートを提案されましたが、結局次の日の同じ時間に飛ぶ飛行機に乗ることにしました。今からならハワイに飛んで、ハワイから〇〇へ行って(経由地を忘れた)フロリダに行くということも可能です、と案内されました。

一度、旅行を手配してくれた旅行会社に連絡。そして、素晴らしいアドバイスをいただきました!

私たちは個人手配旅行で、年末年始のピークを避けるため、帰国の日もゆとりをもって1月3日にしていたんですよね。お正月休みは5日までだったので帰国後も2日余裕があるんです。

なので、旅程自体を1日後ろにずらしてはどうか?そのためにアメリカン航空には、予約していた帰国便を無料で1日後の便にずらしてもらえるよう交渉してみてください!とのこと。

また、泊まるはずのホテルや申し込んだ送迎などは全てこちらで変更しておきます!と心強いお言葉~!!

それは思いつかなかったー!早速カウンターのお姉さんに「一日日程潰れちゃったので、予約してる帰国便を1日後ろの便にずらしてもらえませんかねぇ~?(チラッチラッ)」て言ってみたところ、偉い人に確認してみますーとどこかへ去っていきました。

戻ってきたら「大丈夫です、無料で振替させていただきます」とのこと。

ビバ!個人手配!個人手配はこう言ったトラブル発生時にも旅程を柔軟に変更できるのがメリット!しかも1月3日より4日の方が帰国ラッシュ真っ只中なので、飛行機代は数万円高くなります。でもそれを無料で変更できたからラッキー!

これはツアーではできませんからね。飛行機が欠航して1日潰れてしまったら、旅程全体も1日減ってしまいます。返金とかはどうなんでしょうかね…ツアー自体中止になれば返金もあるのかもしれませんが、航空会社の事情なら旅行代理店に責任はないですし。

ホテル日航で夜を明かす

もちろんホテルはアメリカン航空が負担して、ホテル日航に泊まることになりました。 夕食が含まれていることを知らず、カウンターで振替予約を待ってる間にお腹が空いてしまったため、マックを買って食べてしまったのが残念です。

まぁビュッフェでしたが夜遅くだってのでほとんど料理も残っておらず、おなかペコペコ状態であっても満足度は低かったからいいか…という感じでしたが。

そんなこんなでフロリダ旅行1日目はひどい目に合いましたが、旅程自体は短縮せずに済んだので良かったです。

タイトルとURLをコピーしました